無題

何年か前のこと
誰かの車にでも乗っていたのだろう
ラジオのパーソナリティが読んだハガキのことを時々おもいだす

神戸のラジオ局で、一月十七日の阪神の震災の何年かたったメモリアルの企画だったと思う
高校生の女の子からのハガキ
淡々と読まれたそれは、こんな内容だった

、、、こんにちは
私は震災で両親を失いました
今は親戚のおばさんのうちで暮らしています
おばさんはすごくいい人で、いろいろ気遣ってくれたり、本当にお世話になっています
家族もみんな優しくて、文句の無い生活を送っています

それでも一時は、なんで私だけ生きているんだろうと考えたことがありました
生きていたくないと思っていました

でも、そんな時にこの曲を聞いて、すごく元気がでました
生きなくちゃ、と思って頑張れました
だから今、嫌なことがあったりして落ち込んだりしてる人もこの曲で元気になってくれたらと思ってリクエストしました

リクエストは、GLAYの生きてく強さをお願いします

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Junko (木曜日, 24 11月 2011 22:37)

    一秒もかからない時間で寄り添ってくれる音との時間。彼女とその時に乾杯!

  • #2

    ひとみちゃん (日曜日, 08 4月 2012 11:27)

    私の立ち直りテーマソング
    ミスターチルドレンの「終わりなき旅」
    高1の時、体調不良で長期欠席をし、あと数時間休んだら留年になりそうな時。
    長期休養してた待望のミスチルの曲がradioから流れてきた。
    「閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて、きっと、きっと~て、、、」
    その時家のチャイムがピンポーン、
    いつもの彼女だ
    私は寝てると言ってと中々会わずにいた
    でも毎日ノートを届けてくれた
    手紙を添えて、、、
    まだ大丈夫!辛いときは一緒に乗り越えよう!!
    と。
    その日久しぶりに彼女と対面した。
    次の日から体を引きずってでも学校に行き、昼休みに点滴をしに病院に行き、また学校に戻る日を送り、無事に進級、卒業した。
    遠く離れても今でも大切な友人だ。
    中々言えないけれど、
    ありがとう。