キャッチ&リリース

ひょっとしたら
そんな思いを抱いて私はアマゾンドットコムにアクセスした

検索結果を見た私は、なにか困ったことになったと感じた

マークパンサー著
パパはハーフでマークでカミナリ親父!

恍惚と不安の入り混じった、苦甘いような気持ち

読みたい
だが私はこの本をアマゾンドットコムに発注することが出来るだろうか

中古であれば一円で買えるとある
送料込みでも五百円はかからないだろう
内容を察すれば、マーク氏の子育てエッセイのようなものではないだろうか
それに五百円の価値が無いはずがない
かなり読みたい

だが何故か購入のカートに入れるのを躊躇ってしまう

一体なぜ?
まだマーク氏に対するわだかまりがあるというのか
世間に対するプライド?

私は結局一晩悩んだ

一晩悩んで買わないことにした

マークパンサー
一体どこまで私を成長させようというのか

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ゴロリ (木曜日, 06 10月 2011 18:36)

    そんなマークもまた魅力的なのである。